micro:bit

マイクロビットを用いたプログラミングの学びを、フィッシャーテクニックのモデルと組み合わせることで加速します。

micro:bit IO board for fischertechnik Moel number ROB00126 from DIDACTA Criatia

クロアチアのフィッシャーテクニック販売店が独自に開発したマイクロビット用拡張カードです。

  • マイクロビット用IOインターフェース(8×出力、6×入力、I2C)
  • マイクロビットは別途ご用意してください。
  • 拡張ボードへの電源は6~9V ですので、9Vを供給することでフィッシャーテクニックのモーターやランプ、電磁弁などが運用できます。
  • 基板のデザインはフィッシャーテクニックのブロックデザインに準拠しています。
  • もちろん、フィッシャーテクニック以外のメーカーにも使用可能です。
  • 製造ロットによって基板や端子の色が異なる場合があります。

サンプルプログラム MOTOR - ROTATION CONTROL WITH BUTTONS "A" AND "B"

配線:OUTPUT端子P15(OUT1)とP16(OUT2)にモーターを接続します。

動作:マイクロビットの『A』ボタンを押すと、プロペラは『反時計方向』は回転します。『B』ボタンを押すと、プロペラは『時計方向』に回ります。プロペラはモーターへの極性が変わることで回転方向が変わります。

サンプルプログラム COLOR SENZOR (FischerTechnik) - COLOR recognition

配線:赤ランプをP16(OUT1)、緑ランプをP15(OUT2)、白ランプをP14(OUT3)に接続します。そして、カラーセンサーを入力I1(P1)に接続します。

動作:カラーセンサーによって読み取られた色の暗明により、各ランプが光ります。